画像加工とか、気づいた事シェアします☆

フォトショップとか使っていて、分かったこととか知ったこととかシェアします!

乗り物酔い対策

秋期は気候が穏やかで、行楽にうってつけのシーズンですね。多くの小学校では、バスで移動する行楽も実施されます。スクールメートとわいわい騒ぎながらのバスの移動は楽しいものですが、お子さまの乗り物酔いを懸念するかたもいるかもしれません。酔い止め薬の服用も効果的ですが、できれば飲み薬を使いたくない、飲み薬を使うほどではないが心配…というケースには、次のような酔い止め防止策をトライヤルしてみましょう。
「酔ってしまうかも…」という心騒ぎが最も酔いやすい  バス酔いの防止には、次のような昔ながらの方法が有効です。 ・完ぺきな空腹感、飽食は避け、程好いな量の食事を摂っておく。
・窓際に座り、外側の風景を眺めるようにとり行う。
・読書など手元をみる作業はしない。
・眠り不足、具合い悪い状態でバスに乗じることのないよう調整する。
・体を締めつけるような衣装は避ける。
これらの方策を講じて、「乗り物酔いはしない!」と信じさせることが何より。ぜひお子さまには「いろんな乗り物酔い方策をしているから、酔わないはずだよ」と言葉で勇気づけること、自信をもたせてあげてください。
もし実行可能であれば、行楽の日以前に、実際のバスに乗ってみることをおすすめします。もちろん行楽のバスではなく、路線バスで構いません。「バスに乗っているとこんな気分なんだ」と知っているだけで不安心は激減します。短距離であっても「酔わなかった、大丈夫だった」と思うことが大切です。
掛ける席を選ぶことでも乗り物酔いを予防できる  バスのケース、掛ける座席を選ぶことによってある程度乗り物酔いを予防することができます。すでにご案内したように、窓際の席を選ぶ以外にも、揺れが少ない場所に座れるかどうか担任の先生に確認をお願いしてみてもよいでしょう。
バスのケースは前輪と後輪の中ごろ地点が最も揺れません。一般的なバスであれば前から4~5番目の席、大型バスであればそれよりもう少し後ろの席を準則に座るとよいでしょう。「前の方に掛けると酔わない」ということも言われていますが、眺望のよさはあるものの、体感的に揺れは大きくなってしまうようです。
 気をつけたいのが、乗り物酔いをひとりでがまんし、「吐くのは悪い事だ」と思い込んでしまうことです。乗り物酔いすれば、必ず嘔気に襲われます。それなのに、長い間嘔気をがまんしすぎたり、吐いてはいけない、吐くことは気恥ずかしいことだと脅迫観念にかられたりすれば、より緊張を呼び起こしてしまうことに。乗り物を使う行楽では必ず「エチケット袋」が持ち物に含まれているはずです。吐出する可能性は誰にでもあります。
もし気持ち悪くなってしまったら速やかに先生に伝えて、先生のそばの席に移動させてもらうなど、「乗り物酔いしたらどうすればよいか」ということも教えておきましょう。横になりやすい席などに案内してくれるかもしれません。酔わないように方策する、でも酔っても大丈夫。そんなふうにして、子どもが行楽を楽しめるように安堵させてあげてください。
秋期は気候が穏やかで、行楽にうってつけのシーズンですね。多くの小学校では、バスで移動する行楽も実施されます。スクールメートとわいわい騒ぎながらのバスの移動は楽しいものですが、お子さまの乗り物酔いを懸念するかたもいるかもしれません。酔い止め薬の服用も効果的ですが、できれば飲み薬を使いたくない、飲み薬を使うほどではないが心配…というケースには、次のような酔い止め防止策をトライヤルしてみましょう。
「酔ってしまうかも…」という心騒ぎが最も酔いやすい  バス酔いの防止には、次のような昔ながらの方法が有効です。 ・完ぺきな空腹感、飽食は避け、程好いな量の食事を摂っておく。
・窓際に座り、外側の風景を眺めるようにとり行う。
・読書など手元をみる作業はしない。
・眠り不足、具合い悪い状態でバスに乗じることのないよう調整する。
・体を締めつけるような衣装は避ける。
これらの方策を講じて、「乗り物酔いはしない!」と信じさせることが何より。ぜひお子さまには「いろんな乗り物酔い方策をしているから、酔わないはずだよ」と言葉で勇気づけること、自信をもたせてあげてください。
もし実行可能であれば、行楽の日以前に、実際のバスに乗ってみることをおすすめします。もちろん行楽のバスではなく、路線バスで構いません。「バスに乗っているとこんな気分なんだ」と知っているだけで不安心は激減します。短距離であっても「酔わなかった、大丈夫だった」と思うことが大切です。
掛ける席を選ぶことでも乗り物酔いを予防できる  バスのケース、掛ける座席を選ぶことによってある程度乗り物酔いを予防することができます。すでにご案内したように、窓際の席を選ぶ以外にも、揺れが少ない場所に座れるかどうか担任の先生に確認をお願いしてみてもよいでしょう。
バスのケースは前輪と後輪の中ごろ地点が最も揺れません。一般的なバスであれば前から4~5番目の席、大型バスであればそれよりもう少し後ろの席を準則に座るとよいでしょう。「前の方に掛けると酔わない」ということも言われていますが、眺望のよさはあるものの、体感的に揺れは大きくなってしまうようです。
 気をつけたいのが、乗り物酔いをひとりでがまんし、「吐くのは悪い事だ」と思い込んでしまうことです。乗り物酔いすれば、必ず嘔気に襲われます。それなのに、長い間嘔気をがまんしすぎたり、吐いてはいけない、吐くことは気恥ずかしいことだと脅迫観念にかられたりすれば、より緊張を呼び起こしてしまうことに。乗り物を使う行楽では必ず「エチケット袋」が持ち物に含まれているはずです。吐出する可能性は誰にでもあります。
もし気持ち悪くなってしまったら速やかに先生に伝えて、先生のそばの席に移動させてもらうなど、「乗り物酔いしたらどうすればよいか」ということも教えておきましょう。横になりやすい席などに案内してくれるかもしれません。酔わないように方策する、でも酔っても大丈夫。そんなふうにして、子どもが行楽を楽しめるように安堵させてあげてください。

 
広告を非表示にする