読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画像加工とか、気づいた事シェアします☆

フォトショップとか使っていて、分かったこととか知ったこととかシェアします!

どうしたココナッツサブレ!

10月17日、昨年発売50周年を迎えた商品「ココナッツサブレ」が小分けパッキングになって一新発売されました。発売元の日清シスコによると、10~20代の若年層のファン獲得を狙い大胆なイメージチェンジを図ったそうですが、昔からのファンはとまどいを隠せないようです。

 Twitterでは、「ここなつさぶれ…! おまえ、なんてすがたに」「やめてくれよ…(震え声)」と揺動する人多数。「半分だけ食うつもりが気付いたら全部食べている。その背徳感も魅力なのに」「そ そんな。やめどきが見つからず全部食べてしまうあのココナッツサブレが」という声もいっぱい見られ、これまでは小分けじゃなかったからこそ、一度開けたらついつい全部食べてしまうのが良かったという事のようです。小分けだと湿気なくてよいような感じもしますが、「湿気てもそれはそれで美味い」という声も。

 そのほか、「激動の50年の間に、特に何もなかったココナッツサブレが好き」と、むしろこれまで変わらなかったことに好感を寄せる人、「逆に会社での置き菓子にしやすくなった」と小分けの長所に目を向ける人、また、一連のツイートを見てココナッツサブレを食べたくなった人などもいました。そもそも、つい全部食べてしまうのは、それだけ美味しいということですからね。

 50年間変わらなかったココナッツサブレですが、実は50周年を記念するサイトでは「ココナッツサブレは、変わらな過ぎた昔年と別れを告げ、『ココから変わろう。』と決心しました」と宣言しており、“おかしなイメチェン”を題目に大胆なイメージチェンジを図っていました。

 そして、51年目となる今年2016年、ココナッツサブレは5枚入り×4パックという小分け化を実行。「ココナッツサブレ 」「バターサブレ」「セサミサブレ」も同時に小分け化されたほか、期間限定商品として10月には「メープルサブレ」を、11月には「ココナッツサブレ 」を発売します。

 今回の小分け化に揺動する人や寂しく思う人も数多いようですが、それもまた、みなさんの“ココナッツサブレラブ”の表れなのでしょうね。
発売から50周年迎えた日清シスコの「ココナッツサブレ」。50周年を記念して、1965年の発売から現行までほとんど変わらなかった包みをついに刷新したと話題になりましたが(関連記事)、その50周年を盛上げるための「公式キャンペーンキャラクター」を公開しました。キャラクターの名前は「ココ夏三郎」。なるほどココナッツサブレからもついにゆるキャラ出現。
ココ夏三郎は1965年3月20日生まれ。名字はココで、名前が夏三郎。出身はココナッツの原産国でもある「フィリピン」です。