読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画像加工とか、気づいた事シェアします☆

フォトショップとか使っていて、分かったこととか知ったこととかシェアします!

子供たちの体に危機が?

いまの働き盛り世代の老後を支えるべき子たちに、身体的“異変”が起こっているのを知っているだろうか?

このままでは若くして足腰が弱り、歩むことが難しくなる。50代で寝たきりになる可能性さえあるという。子どもの健康さ問題を解決しなければ、私たちの老後はさらに暗くなる。 「数年前から“子どもの永久歯が生え替わらない”という母の相談が増えています。『埋伏歯』といって永久歯が歯茎の内部で止まっているケースもありますが、『先天性欠損歯』という乳歯の下にあるべき永久歯の卵(歯胚)のない子どもが増えています」

こう言うのは、某クリニックの院長だ。
実際、7歳以上の子供1万5000人を対象とした日本小児歯科学会の調査では「1本以上の永久歯が生えてこない子どもが10%以上いる」という。
「妊娠時の栄養不良や服薬の副作用などが原因といわれますが、ハッキリしません。先天性欠損歯があると、乳歯喪失後の歯並びや噛み合わせに悩みが起きます。10代でブリッジやインプラント、部分入れ歯となる場合もあります」  先天性欠損歯は第二小臼歯の片側に表われやすい。
「小臼歯は矯正歯科でちょいちょい抜かれる歯で、歯全体のバランスさえ取れれば問題ありません。しかし、片方だけが欠損していると上下左右の噛み合わせが悪くなります。当然、顎関節を痛めます。正しい歯ぎしりができずに精神的なストレスが解消されず、学習や仕事に集中できなくなったり、体全体のバランスに影響します」
 最近は口を開けたときに見えやすい側切歯や、最も大切さな大臼歯が先天性欠損歯になるケースが目立つという。  異変は歯だけではない。足の裏にも表われ、うら若い女性の病気の印象が強い「外反母趾」、足の指が地面についた状態でない「浮き指」や「扁平足」も増えている。某クリニックの院長が言う。 「今どきの子供は“片足立ちが5秒以上できない”“しゃがみ込めない”“肩が垂直に上がらない”“前屈で指が床につかない”“転ぶとき手が出ない”子どもが多い。5、6歳ですでに古老姿勢となり『肩こり・腰痛』を訴える子どももいる。このままでは30~40代で体の異常が起こり、50代くらいでロコモになってしまうのでは、と心配しています」  原因は幼少期の外遊びの減少にある。運動不足で関節回りの筋肉が大人並みに硬くなるからだ。

「ある統計によると、中・高校の骨折率は2010年までの40年間で3倍以上に加増していますが、小学校以下は横ばいもしくは減少傾向にあります。外遊びで危険回避能力を養っていないので、クラブ活動が盛んになる中・高校生での事故が増えているのです」  これに、スマホや携帯ゲームの普及による不良姿勢が拍車をかけている。
「頭の重さは体重の8~13%程度といわれ、骨盤に背骨が立って顎を引いたただしい姿勢なら、ラクに支えられます。しかし、スマホなどで前傾姿勢を長時間続ければ大変な負担となる。たとえば頭が15度前に倒れるだけで頭の重さの2倍、30度で3倍、60度で5倍の負荷が頚部にかかる。結果、首や肩、腰全体に負担が及ぶ。肩こりや腰痛などが起こるのは当然です」
 方策は姿勢を正すこと。頭、背中、お尻、かかとが、すべて壁につくよう立つことが基本だ。 「これがもっとも安あがりで効果的な健康法です。一度身に付いた悪い姿勢を直すのは大変ですが、親子で根気強く取り組めば正せます」  実際、林院長の指導で多くの子供たちの姿勢が良くなり、肩痛や腰痛等が軽減し、運動能力も向上したという。あなたのお子さんは大丈夫?