読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画像加工とか、気づいた事シェアします☆

フォトショップとか使っていて、分かったこととか知ったこととかシェアします!

秋を味わおう!

 

秋期の味といえば、一言で言えないほどいろいろあります。 旬のものは、滋養分も豊富で、値もリーズナブル。栗は栗ごはんにしたり、かぼちゃはかぼちゃプディング、さつま芋は焼き芋にするなど、ごはんや菓子など多彩な作り方を楽しめます。積極的に日々の食事に取り入れたいですよね。でも、お子さまが小さかったり、好き嫌いが多数、まだ秋期の味を楽しむ…とまではいかないという場合でも、お子さまと一緒に秋期の味を楽しめる方法はありますよ。 秋期の味を収穫してみよう! 幼子の場合、まだ秋期の味といっても、楽しめませんよね。

味を楽しむというより、栗拾いや芋堀り、銀杏拾いなどで、シーズンを感じてみては? ただ収穫するだけでなく、収穫したものは、料理して「一緒に拾ったよね」と思い出しながら食べれば、お子さまもシーズンの味わいを実感できるはず。 とくに銀杏は、実の取り出し方も楽しいです。
種を封筒に入れて、電子レンジで温めるすると、ポンポンと音がして、実が取り出しやすくなります。封筒に入れたり、ポンポンという音を興がるなど、実を取り出すまでの工程に触れることで、秋の風物や味覚を自然に覚えていく事ができそうです。 また、行楽などで、みかん狩りや、芋掘りを経験するお子さまも数多いでしょう。

自らで収穫した野菜や果物を実際食べたり、保護者のかたが料理することで、シーズンへの関心が湧いてくる事もあるかも。 まだ保育園や幼稚園へ行っていないという場合は、休みなどを活用して、ファミリーでお出かけしてみるのもよいのではないでしょうか。ファミリーの秋の思い出にもなるはず。 イベントでシーズンを楽しもう!

行事でも季節感を興がる事はできます。 秋から冬にかけてのこれからのシーズン、ハロウィンやクリスマスなど、お子さまが楽しめるイベントももり沢山。 とくに、秋のイベントで子供に人気があるのは、ハロウィンでしょう。ハロウィンといえば、かぼちゃ。くり抜いて、デコレーションを楽しんだり、お友達と一緒に過ごす寄りあいなどで、季節感を盛り上げれば、お子さまの記憶にも残りそうですね。

ちっちゃい子供には、まだ味からシーズンを感じるというのは困難かもしれません。でも、出かけたり、遊んだりする中でもシーズンを興がることはできます。ファミリーで、楽しくシーズンを堪能できるとよいですね。

 

広告を非表示にする